アンチエイジングには、メイクの技術を使うという方法が存在します。メイクの仕方を工夫する事で、年齢よりも若い印象になるという意味でのアンチエイジングです。アイシャドウをつける時に、お肌のくすみを目立たないようにすることで、イメージを変えることが可能です。実際のアイシャドウをつける前に、やや明るめのシャドウをつけて、お肌を明るく見せるという方法です。明るめのシャドウの代わりに、クリームタイプのコンシーラーを使ってもよいですが、その場合は厚塗りに注意しましょう。アンチエイジング効果があるメイクの使い方には、チークの差し方もあります。アンチエイジングを心がけるなら、色味の明るいチークを使うといいでしょう。パールの入ったタイプも、華やかにしてくれます。チークは使用する位置も重要です。小鼻よりも高い位置に入れるようにしてください。これによりリフトアップした効果が生まれます。最近は、眉をちょっと下がり気味にしたメイクがはやっているようですが、年をとって見えるのではあまりよくありません。実年齢よりも顔を若く見せたいなら、眉尻は少し上がり気味に、眉山を低めにします。眉がしらより眉尻が上がらないように注意してください。まつ毛にボリュームを持たせることもアンチエイジングには効果的な方法です。年齢を重ねると共にまつ毛はボリュームダウンしますので、メイクで増やすことで若く見せることが可能です。